About

This is not a hotel but a livable gellery.You can have a special experience by living in the art.Holding creativity activites and exhibitions between Taiwan and Japan in our gallery.

Address

1-8-2, Higashiazabu,Minato,

Tokyo,Japan

台湾フリーランサーシリーズ - 小子(シャオツー)展

台湾フリーランサーシリーズ - 小子(シャオツー)展
-
2019年07月17日 - 2019年09月15日(期間中の土・日のみ開館)

開館時間:12:00 - 19:00
※7月17日(水)~21日(日)のみ全日開館
※入場は閉館時間の30分前まで
-
会場:NIBUNNO / 東京都港区東麻布1 - 8 - 2
主催:NIBUNNO / BXG株式会社
入場料:500円

-

<特別イベント>
小子によるデザイントークライブ
日時:8月4日(日)
   14:15 – 14:30 入場
   14:30 – 15:30 作品紹介
   15:45 – 16:30 トークライブ
会場:NIBUNNO | 東京都港区東麻布1-8-2 1F
入場料:500円(※当日現地払い。展示入場料をお支払いの方はそのままご参加いただけます)
備考:要予約。会場のキャパに制限があるため、以下の予約フォームより事前予約をお願いいたします。

https://bxgroup.co/event/

 

本展では、シャオツー氏のグラフィックアートをメーンにして、「根:山海精神」と「本:真台湾」という2つのパートで構成。同氏のルーツやコアを探りつつ、グラフィックというフィルターを通じて、今の台湾の社会情勢を伝えていきます。

見どころは大きく5つ!
1:日台初開催となる個展
2:50点超にも及ぶ作品を展示
3:あまり見る機会のない版なども展示
4:「台湾らしいデザイン」が与える、未知の衝撃
5:シャオツー来日! トークライブを開催

衝撃必至の展示なので、ぜひ実物の作品を見に来てください!
-
廖小子|Godkidlla
本名、廖俊裕。芸術力を武器に生きているデザイナー。台湾式居酒屋(熱炒店)とビールをこよなく愛している。雑誌の出版活動や、「獨字書店」(台北市)、「三餘書店」(高雄市)という2つの書店のオーナーでもある。また、3人と1匹の魚で構成されるバンド「拍謝少年」では、魚を担当している奇想天外な一面も。季節問わず(雪が降っていても)、服装は常に胸元を全開にした総柄シャツと台湾サンダルと2つのタトゥーがトレードマーク。1つは首に刻まれた、母が描いたという「蘭」という文字のサイン。もう1つは、腹に刻まれた父が描いた「雄雉」という文字。見た目だけでなくデザインプロセスも規格外で、良くも悪くもドラフトと最終成果物が毎回違うことで有名となっている。台湾金曲賞、台湾デザイン大賞の常連で、台湾総統府から台湾の芸能人で実業家の蔡依林(ジョリン・ツァイ)などをクライアントに持つ。2018年、「拍謝少年」のCDアルバム「兄弟沒夢不應該」で、台湾金曲賞(ゴールデンミュージックアワード)のCDジャケットデザイン賞の大賞を受賞。金點設計賞(ゴールデンピンデザインアワード)の年間ベストデザイン賞も同時に受賞している。

 

https://www.facebook.com/events/1055137798208278/

 

 

 

 

Please reload

0