About

This is not a hotel but a livable gellery.You can have a special experience by living in the art.Holding creativity activites and exhibitions between Taiwan and Japan in our gallery.

Address

1-8-2, Higashiazabu,Minato,

Tokyo,Japan

THE BOOK-深化する本のカタチ

THE BOOK_深化する本のカタチ

会期: 2018年5月5日 |土|- 6月17日|日|(月、火、水曜日休館)
開館時間 : 12:00 - 19:00
会場 : NIBUNNO | 東京都港区東麻布1-8-2 B1F
入場料 : 500円
主催 : BXG株式会社
参加者 : 林小乙(リン シヤオイー)、聶永真(アーロン・ニエ)、太田泰友、矢崎花

 

アプリや端末機器の出現以降、デジタルデータ配信が高度かつハイスピードに発展を遂げている今、本というアナログメディアの概念は、これまでも間接的にも直接的にも翻案されてきた。同時代を生きる多くのデザイナー、クリエイターたちは、造本理念やエディトリアルをさらに展開し、本の在り方または読書という営みをより多元的なものへと変容させている。ブックデザインの意義がより厚みを増し、その概念も重層的性格をもたざるを得なくなった。“本たるモノ”は、文化と知識を伝えるための器にとどまらず、作品・商品・デザイン製品、アートといった様々な形式や身分を横断しながら、デジタル時代において求められる姿カタチで新たに立ち現れてきているのだ。

台湾と日本で活躍するグラフィックデザイナー、ブックアーティストの聶永真(アーロン・ニエ)、林小乙(リン・シャオイー)、太田泰友、矢崎花の4名を招いた本展「THE book」は、特殊なマテリアルを応用したものから、巧みな伝統印刷技術を駆使したもの、彫刻品のような芸術品まで、作家それぞれが異なる文化的テクストや解釈を本に付与しているだけでなく、様式や創作プロセスといった条件も大きく異なる。本展では書物がもちうる計り知れないポテンシャルと多様性を見出しつつ、観者が抱く既存のイメージを新鮮なヴィジョンで覆し、デフィニションを拡張していく。

作品解説ならびに「ブックアート」をめぐる対談
5/26 |土| 13:00 — 15:00
出演:太田泰友(ブックアーティスト)、矢崎花(デザイナー)
入場には、展示観覧料(税込500円/名)のレシートをご提示いただく必要があります。 NIBUNNO | B1F 13:00 - 14:00 出品作家による作品解説
NIBUNNO | 5F 14:00 - 15:00 ブックアートをめぐる対談 定員20名(先着順)。
申込手続の詳細はまた後日お知らせします。

大変繊細な作品であるため、破損する恐れがあります。お手を触れないようお願い致します。一時間ごとに展示スタッフが作品の内部をお見せするデモンストレーションを実施します。状況に応じて、スケジュール調整を行うため、あらかじめNIBUNNOのフェイスブックページで時間をご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

0